激安キャバドレス

ぷにぷにな二の腕を隠したい時に選ぶドレスはコレ!

二の腕のぷにぷにってなかなか取れませんよね。
ダイエットしても筋トレしてもここのおにくを取るのって難しいんですよね。

薄着の季節になって焦って二の腕をどうにかしようとしてもすぐにはなくなってくれないのが
二の腕のぷにぷにです。

男性の中には二の腕がやわらかい女性が好きだという方も結構多くいるのですが
女性にとっては恥ずかしい場所ではありますよね。

若い時には肌に張りもあってぷにぷにでも可愛いのですが
年齢を重ねると顔を綺麗にしていても二の腕に年齢が出てしまうものなんです。

キャバドレスは露出も多くなりますし、腕が出るデザインも多くありますよね。

そのようなデザインのドレスで腕を隠すためには、ショールやボレロを羽織るしかありません。

羽織ものをすると腕は隠すことができますが、動くのには邪魔になります。
ボレロのように着てしまえるものなら良いのですが、ショールだと肩にかけている状態なので
お酒を作ったり、たばこの火をつけたりする動作の時に邪魔になるんです。
テーブルのコップなどにひっかけて飲み物をこぼしてしまったりすることもあるでしょう。

膝にかけたり温度調節にも使えて便利なショールですが、ずっと持っているのは煩わしくなるかもしれません。

簡単に腕を隠すことができるドレスといえば袖つきのドレスです。

長袖のドレスでも袖部分がレースになっていればドレス感は失われませんよ。
半袖よりも短い丈だと二の腕を隠すことができませんので注意が必要です。

半袖の長さでもデザインは色々ありますよね。

袖口の形や袖の素材も色々ありますので、そこでお洒落をすることもできます。

キャバドレスでもドルマンの形を選ぶこともできます。

ドルマンだと肩から腕がふわっとしているので二の腕カバーには向いていますよ。
レース生地になっているものならドルマンでありながらショールを羽織ったようなデザインになって
セクシーさも出すことができます。

長袖のレース生地の場合、袖の生地に伸縮性がないことがありますので
二の腕の太さがある方は腕が入るか、きつくないのかを確認した方が良いでしょう。

オフショルダーでもデザインによって二の腕を隠すことができるものがありますので
探してみてくださいね。

最初にも書きましたが、二の腕が好きな男性も多くいますので
隠すだけでなく少し見える程度のドレスの方が喜ばれるかもしれませんよ。

足や胸に悩みが・・・そんな時はこのドレス

脚や胸に自信がある方がいる一方、自信がないという方も多くいますよね。

O脚が気になる、太さが気になる、胸が小さい
など悩みは様々あると思います。

そんな時は悩みをカバーしてくれるドレスを選びましょう。

脚を隠したい時にはロングドレスですよね。

ロングドレスは足全体を隠すことができるので簡単ですよね。
ロングドレスは定番のデザインなので違和感なく足を隠すことができます。

太ももが太いけどふくらはぎは細いという方は、ミディ丈のドレスもおススメです。

ひざ丈のドレスなので太ももは隠すことができます。
ふくらはぎが細いと足全体が細く見えますので、短すぎないミニ丈なら足の太さを気にすることはありませんよ。
太ももは少し太めの方がセクシーになるのでミニ丈でアピールするのも良いかもしれません。

足が気になるからといって、ずっとロングドレスを着ているのは飽きてしまうし
お客さんにも飽きられてしまいますよね。

そんな時はスリットの入ったロングドレスを選んでみるのも良いと思います。

完全に足が隠れてしまっているものより、少し見えていた方がセクシーさも増しますよね。
スリットの入り具合で足の見え方は変わってきますので、しっかり隠したい場合は浅いスリットのデザインを選びましょう。

ショートインロングのデザインでも、長い部分が多くなっているものもあります。
ショート部分は短い丈ですが、ロング丈でカバーすることもできますよ。

いつもロングドレスで飽きてしまった時には、スリットが入ったドレスやショートインロングを選んでみると良いと思います。

胸が小さいことを気にしている方は、まずブラとパッドで思い切り盛りましょう。

胸の谷間を見せずに完全に胸を隠すデザインのドレスでは、ドレスの下にパッドを何枚仕込んでも大丈夫です。

沢山盛りたい場合は谷間を見せないドレスがいいかもしれません。

上手に盛れるようになったら谷間を見せるドレスを着てみましょう。

ベアトップのように肩が出ているデザインだと盛るのが難しくなります。
袖ありや背中があいていないものだとブラやパッドで盛っていてもバレませんよ。

胸が大きくてドレスが合わないようなら、胸や背中が編み上げになっているデザインがおススメです。

編み上げのデザインはサイズを自分で調節することができるので
胸が大きくて入らないということがありません。

逆に胸が小さいと締め上げに限界があるため綺麗に着こなすことができないデザインなのです。

人それぞれ悩みはありますが、自分にあったデザインを見つけることが大事ですね。

お尻の形が自慢!お尻が大きいのが悩みならこのドレス

日本人のお尻は薄いタイプが多いのですが
たまに外国人のようにキュッと上に上がったお尻の女性もいますよね。

綺麗な形のお尻の方は、お尻をアピールできるドレスを選びましょう。

ガールズバーなど、私服で勤務できるようなお店ならショートパンツも良いですよね。

お尻の形が良いと、かなり短い丈でお尻が少し出るデザインでも綺麗に履きこなすことができます。

中には水着など露出が多い衣装で働くお店もありますので、お尻に自信のある方は向いていますね。

しかし、ドレス着用のお店でお尻をアピールするのはなかなか難しいものです。

胸に自信があるなら堂々と出してアピールすることができますが
お尻が出せるドレスはありませんよね。

そんな時は、お尻の形がわかるタイトなドレスを選びましょう。

スカートがひろがったAラインのドレスだとお尻のラインは隠れてしまいます。
タイトなデザインなら綺麗にお尻のラインを出すことができるんです。

大きいお尻をコンプレックスに思っている方も、一度アピールしてみてはいかがでしょうか。
男性もお尻フェチの方は多くいます。
その中でも大きいお尻が好きな方も多いので、隠さずにアピールすることが必要です。

タイトなドレスは、お尻が綺麗だとラインがはっきり出て綺麗に着こなすことができますよ。
小さいとラインにメリハリがなく寸胴に見えてしまうので、お尻が大きい方が良いのです。

ウエストにくびれがついたドレスの方が、胸やお尻を強調することができるので
よりセクシーさをアピールするならウエストがしまったデザインを選ぶと良いでしょう。

逆にどうしても隠したい、お尻が小さいから嫌だという方は
Aラインのドレスを選んだ方が良いですね。

Aラインのドレスはお尻を上手に隠すことができます。

胸に自信がある方なら、胸元を大きくあけることで
視線を上に持っていくようにすればお尻に注目されることはありません。

胸はブラやパッドで寄せて上げることができるので、谷間メイクに力を入れてみましょう。

また、お尻が大きい方がタイトなドレスを着る場合にも
胸が小さいとバランスが悪くなって、お尻だけが目立ってしまいます。
そうならないために、お尻をアピールすると同時に胸も強調させましょう。
そうすることでお尻の大きさだけが目立たずにグラマーな体形に見せることができます。

胸は色々な手段で大きく見せることができますが
お尻を大きく見せることはとても難しいことです。

大きいことで悩んでいる方は、せっかくの武器を活かさないともったいないですよ。

胸に自信あり!の方におススメなドレス

自分の体のパーツで自信があるのは胸だという方は
胸を強調できるドレスを選びましょう。

胸元の大きくあいた服装は、一般的にはあまり良くないと言われますよね。
目のやり場に困るなど色々な点で批判されることもよくあります。

しかし、夜のお店では胸を強調することは武器になります。

普段胸が大きくてコンプレックスに思っている方でも、しっかりアピールをすることによって
売り上げにも大きく繋がります。

キャバドレスの中には胸元が大きくあいたデザインのドレスが多数あります。

ベアトップのように肩ひもがなく両肩が出たデザインは、胸のサイズが大きい方に向いています。

胸が大きいと格好良く着ることができるデザインですし
ドレス全体の重さを胸元で支えているため、胸のサイズが小さいとずり落ちてきてしまうのです。

ベアトップを選ぶときは、支えになるようなゴムが入ったものを選ぶとずり落ち防止になりますよ。
透明のストラップつけるとより安心できますね。

ホルターネックも胸元を強調することができます。

ホルターネックは両肩が出ていて、首元でドレスを支えているデザインです。

このタイプは胸元のあき方が様々あります。
胸元の真中が大きくあいたものだと。谷間を強調することができます。
少しだけスリットが入ったようなものだとチラッと見える胸元がセクシーに見えますよ。

また、完全に胸を隠したタイプのホルターネックでも、大きさがあると強調されるので
実際に胸が見えなくてもセクシーさを出すことができます。

ホルターネックは全体的に大人っぽい雰囲気を出すことができるため
大人の女性でも着ることができます。

シンプルなVネックも良いですよね。

ストラップ部分が細いデザインの方がよりセクシーさを出すことができます。
ロングドレスやミニドレス、ワンピースでもこのタイプは多く種類があるため、選ぶのが簡単ですよね。

お店では胸が大きくて困ることはないので
ドレスを着る時にはしっかり寄せて上げての対策をしましょう。
形の綺麗なバストを作ることは大切です。

胸元のあいたドレスを綺麗に着こなすためには、胸の形を綺麗に作れる下着をつけます。
ストラップがついていないためヌーブラが人気ですよ。

形もキープできますし、厚みがあるデザインもあるので胸の小さい方でも盛ることができます。

谷間ができれば胸元の大きくあいたドレスでも自信をもって着ることができますよね。

胸元だけでセクシーさを作ることができるので、色々なデザインにチャレンジしてみてくださいね。

脚を見せるにはこのドレス!

キャバクラのお仕事で着るキャバドレスは、色々な種類があってどんなドレスを選べばいいのか悩みますよね。

まずは自分の体の中で自信のあるパーツを探しましょう。

自分の自信のあるパーツは脚!
という方は脚を見せるデザインのドレスを選ぶと良いですよ。

キャバクラのドレスといえばロングドレスが定番でしたが、最近では長いドレス以外も人気があります。

足フェチの男性も多いので、脚が綺麗な女性は人気がありますよね。

脚を綺麗に見せるためにドレスを選んでください。

脚がよく見えるドレスといえばミニドレスですよね。

20代前半までならどんなミニドレスも違和感なく着こなせると思います。
裾が大きく広がったふわふわしたミニスカートのドレスが着られるのはこの頃まででしょう。

それ以降はタイトなミニスカートのドレスを選ぶと良いですよ。

ミニドレス以外でも、足が見えるドレスがあります。

ショートインロングのドレスは中にミニスカートを履いて後ろ側が長くなっているタイプ
スカートの形自体が前が短く後ろが長くなっているタイプなどがあります。

ミニドレスとロングドレスが合わさったようなデザインになっています。
歩くと後ろの長い部分がひらひらと舞うのでとても目を引くデザインです。

後ろの部分だけが長いことによって、太ももの後ろ側やひざ裏を隠すことができます。

太ももの後ろ側はセルライトなどが出やすかったり、ずっと座っていると赤くなったり蒸れたりするんですよね。
椅子の種類によっては、ミニスカートで長く座り続けていると椅子に当たっている部分が痒くなってしまうこともありますよね。

ショートインロングだと椅子に直接肌が触れないので、肌への負担が少なくなります。

華やかなデザインが多いドレスですが、落ち着いた色合いのものを選べば年齢に関係なく着ることができそうですよ。

他にも、スリットが入ったドレスも脚を綺麗に見せることができます。

これも年齢に関係なく着ることができ、ちらっと見える脚が男性にも大変人気があります。

スリットの入ったドレスは、ロングのタイプが一般的だと思いますが
ミニドレスやミディ丈などでもスリットが入ったデザインがあります。

これは買う時に気をつけなければいけませんが、サイズが合っているからと購入しても
履いてみたら思ったよりも丈が短くて、スリットの間から下着が見えてしまった
なんてことになったら大変です。

スリットの入ったデザインのドレスを選ぶときは、店頭で購入する場合は試着をして確認をしてください。
通販を利用する場合は、サイズだけではなくサイズ表で丈の長さやスリットの入り具合を確認してくださいね。

自慢の脚が綺麗に見えるデザインは色々ありますので、何着か種類別に揃えておくと良いですね。

男性受けの良いドレスって?

キャバドレスを選ぶときは何を基準に選んでいますか?

一番大切なことは男性が喜ぶようなドレスを選ぶことですよね。

キャバ嬢さんにとってキャバドレスはとても重要です。
ドレスが似合っていない、お客さんから受けが悪いと他の女の子にお客さんを取られてしまいます。

お店によってはドレスのタイプや色を指定しているところもありますが
自分でドレスのデザインを選ぶことも多いと思います。

始めたころはお店からアドバイスをもらったり先輩などを見ながらドレスを選んでいると思います。
お客さんにどんなドレスが好きか聞いたりすることもあるでしょう。

しかし、慣れてくると自分が着やすいドレスを選んでしまうようになります。
引き締め効果のある暗めの色を着たり、周りと同じようなドレスを選びがちです。

体型カバーのできるフレアばかりだったり、お腹を隠せるぺプラムなど
自分の着やすいドレスが増えてしまうのです。
ロングドレスでも裾を引きずる長さは動きにくいのでくるぶし丈になったりと
定番のデザインでも着やすいものを選びがちになってしまうのです。

男性からの受けが良いならそのデザインでも全く問題ありません。

でももし売り上げが良くないと悩んでいるなら、一度ドレス選びを見直してみると良いかもしれません。

自分の着やすさよりも男性受けを第一にしてドレスを選んでみます。

男性が好みやすいデザインの定番は胸元が見えるドレスですよね。
ブラやパッドで盛って谷間を強調させることができます。

背中が見えるデザインも人気があります。
腰まで大きくあいたデザインはセクシーさがあります。
背中のお手入れが必要になりますが、インパクトは大きくお客さんに覚えてもらいやすくなります。

足はミニドレスでしっかり出してしまうのも良いですが
スリットが入ったデザインの方が人気があります。
いっぱい見えているよりも、ちらっと見える方が男性受けは良くなります。

形は定番ですがロングドレスが根強い人気なのです。
明るい色だと覚えてもらいやすくなりますよ。

大事なのはお客さんの印象に残ることです。
沢山の女の子の中でまず自分を覚えてもらうことが重要です。
接客を始める前に容姿で最初の印象が決まるので、ドレスはとっても大事なんですね。

見た目の印象が良ければ接客もスムーズにいきますよ。
接客のスキルはすぐに上達するものではありませんが、服装はすぐに変えることができます。
売り上げに悩んだら、すぐにできることがら始めてみましょう。

定番以外のキャバドレスってどんなの?

キャバドレスには大きく分けて
定番のロングドレス
幅広い年代に人気のミディ丈ドレス
セクシー系から可愛い系まで種類豊富なミニドレス
という3つになっていますが、その他にも様々なデザインがあります。

お仕事から同伴やデートまで使えるワンピースも人気のデザインの一つです。

キャバクラでお仕事着にするにはカジュアルすぎるかもしれませんが
同伴で着るにはちょうどいいと思いますよ。
普段のデートや私服としても着ることができるため、使いまわしができて何枚か持っていると便利ですね。
ガールズバーなどカジュアルな服装でOKなお店ならお仕事の衣装として着ることができ
キャバクラなどでは私服イベントなどにも活躍してくれるワンピースです。

パーカーを合わせたりショールを合わせたりすることで、どんな場面や季節でも着ることができます。
種類も豊富にありますので、お仕事で着る場面がなさそうでも一枚持っておくと役にたつのがワンピースです。

ドレスの柄は無地や花柄、ストライプなど定番なものが多いので
ドレスの種類が変わっても同じような柄になってしまうこともありますよね。
自分の好みでドレスを選んでいると、気が付けば同じ柄ばっかりになってしまうんです。
ドレスだけではなく普段着でも同じですよね。

たまにはいつもと違う柄を選んでみるなら和柄のドレスも人気があります。

着物ドレスは、着物のようなデザインのドレスです。
柄も和柄で着物のような形のものもありますが、形が普通のロングドレスやミニドレスでも柄が違うだけで印象がだいぶ変わります。

外国からの観光客のお客さんが多いお店では使い勝手が良さそうです。
定番柄のドレスが多い中だと和柄ドレスは目立つことができますよ。

夏になると浴衣イベントなどもあるので浴衣も一枚あると便利ですよね。

ドレスではありませんが、キャバスーツも定番です。

スナックなど落ち着いたお店などで着られますが、キャバクラでは同伴で着ることができますね。
知的で大人っぽい印象を与えることができるので、幅広い年代で着られています。

ロングドレス、ミディドレス、ミニドレスの中に分類されますが
新しい種類で人気のデザインもあります。

ロングドレスとミニドレスの合わさったショートインロングです。
ミニスカートで足を出しつつ後ろの長い部分でさりげなく隠すことができるデザインです。
どちらも着たいという方にオススメです。

最近人気があるのはぺプラムです。
お腹周りを隠すことができるので体形カバーに向いています。

他にもクリスマスやハロウィン用のコスプレなど
様々な衣装がありますので、季節やイベント毎に用意しても良いですね。

キャバドレスってどんな種類があるの?

キャバドレスは、大きな種類で分けると3種類になります。

スカートの丈の長さで変わり、ロングドレス、ミディ丈ドレス、ミニドレスです。

キャバクラで着るドレスといえばロングドレスが定番になっていますよね。

ロングドレスの種類としては裾を床に引きずる長さと、床につかないくらいの長さの丈があります。
裾が長い裾引きのドレスは、ドレスの中で最もゴージャスな印象を持たせることができると人気です。
昔からキャバクラに通っている男性からは人気が高いデザインです。
裾の長さが非日常感を演出してくれるので根強い支持があります。

しかし着る側の女性からは人気が薄れてきています。
見た目は美しいですが、動きにくさやコスト的な問題がその理由です。

お店の中で着ている分にはそれほど気にならないのですが、お見送りで外に出る時
地面が雨でぬかるんでいたりするとすぐに汚れてしまいます。
お店の中でも誰かに踏まれてしまったり、飲み物などをこぼした上を通ってしまうだけで汚れがついてしまいます。

裾が視界に入らないので、汚れていても気づくのが遅くなりシミになってしまうこともよくあります。
汚れたまま着続けることはできないのでこまめにクリーニングに出すことになり
クリーニングから戻ってくるまでの替えのドレスが多めに必要になります。
クリーニング代やドレス代などでコストも結構かかってしまうんですね。

それでも男性から人気があるデザインですし、お店側が指定してくる場合もあるので着ているキャバ嬢さんもいます。
中にはコストがかかるのでクリーニングに出さず、汚れた部分だけを手洗いしたり消臭剤で誤魔化すという方も少なくないようです。

くるぶしくらい丈のロングドレスは裾引きドレスに比べて着ているのも楽ですし女性には人気があります。
ロングドレス特有の優雅さも出すことができて動きやすいので良いですね。

ミディ丈はロングドレスとミニドレスの中間あたりで、ひざくらいの丈になっています。
丈が短すぎないので幅広い年代で着ることができて人気があります。

足を出しながらも落ち着いた印象を与えることができるのでキャバクラだけでなくスナックなど
落ち着いた雰囲気のお店でも着ることができます。

キャバドレスのミニドレスは、丈がかなり短めになっています。
主に若い女性が着ることが多いドレスです。
デザインの種類も豊富で、タイトなものやフレアタイプなどセクシー系から可愛い系まで色々選ぶことができます。

どのタイプのドレスを選ぶかは自分の体形や好みに合わせてとなりますが
お店の系統や指示がある場合もありますので、お店の雰囲気に合わせて選ぶことも大切になってきますね。

キャバクラでドレス選びは重要?

キャバクラで働き始めると必要になってくるのがドレスです。

初めてドレスを自分で選ぶとどんなドレスがいいのか悩んでしまいますよね。

働き始めてすぐはお店の貸し出しているレンタルドレスを着ることも多いと思います。
しかしずっとレンタルドレスでは飽きてしまうし、少し収入が出てきたら自分専用のドレスを買った方が良いと思います。

お店の常連で長く通っているお客さんなら前に違う女の子が着ていることに気づいてしまうかもしれないし
なにより違う女の子が着ていたドレスを着ることにも抵抗が出てくると思います。

夜のお店は高給ですので、自分にかけるお金も必要になってきます。
自分自身が売り物になるわけですから、美容代やドレス代も自己投資として必要な経費です。

一言でキャバドレスと言っても、値段はピンからキリまであります。
安いドレスは1000円台で買えるものもありますし、高いドレスは何十万とするものだってあります。

始めたばかりの頃はお金もないですし、新人ですと紹介されればお客さんも
レンタルドレスや安いとわかるドレスを着ていても優しい目で見てくれるでしょう。

しばらくしてお仕事にも慣れ始めると、周りの先輩たちとの着るものの差に気づくと思います。

他のキャバ嬢さんが綺麗なドレスを着ているのに自分だけ安いペラペラのドレスを着ていたら
はっきり言ってダサいですよね。

ドレスはキャバ嬢の武器の一つです。
周りのキャバ嬢さんだって売り上げを競っているライバルになることが多いですから
あなたがダサいペラペラのドレスを着ていても注意してくれないかもしれません。
売り上げを上げることにドレスが重要だということを知っている経験豊富キャバ嬢さんなら尚更です。

もしくはお店から注意を受けるかもしれませんね。
安っぽいドレスを着ているとお店の品格を落とすこともあるので
お店側からしたら良いドレスを着てお客さんをどんどん連れてきてほしいのです。
お店はそのような女の子を大事にしてくれます。

お店からの待遇や自分の売り上げにも大きく関わるドレス選びはとても重要だということです。
初めは枚数を揃えるだけでも大変だと思いますので、プチプラのドレスを上手に使いながら
ここぞという大事な時、イベントの時、大切なお客さんが来店する時などに着ることができる
勝負ドレスを用意しておくと良いでしょう。

お金があまりない時にはプチプラドレスと高級ドレスを上手く使い分けてお仕事をしてくださいね。