高いヒールは足が痛い!低いヒールでも着られるドレスって?

キャバクラなど夜のお仕事をしていると高いヒールの靴を履きますよね。

でも実はヒールの高い靴は足に負担がかかる為あまりよくないんです。
足のことを考えて作られた靴はお値段が高くなってしまいます。
キャバドレスに合わせて作られた靴は、デザインはとっても綺麗ですが機能性がよくありません。

長時間歩いたり走ったりすることは想定して作られていないのです。

キャバクラ用の靴はあくまでもアクセサリーと同じ役割をしていると考えた方が良いですね。

ヒールが高い靴は人気がありますが、足への負担も高さと比例していきます。
体重が前にかかることで足先への負担が大きくなるんですね。
そのため外反母趾になってしまう女性も多くいるのではないでしょうか。

ヒールの高さと親指の付け根の骨に当たっている部分の革などに問題があります。
外反母趾になってしまうと治らないですし、ずっと無理のある靴を履くと痛くて仕方ないですよね。

そんな時は高いヒールはお休みして低めのヒールに変えてみましょう。

ミニドレスなど足がしっかり出るデザインのドレスだと、低めのヒールが合わないこともありますよね。

ドレスと靴はバランスが大切なんです。
特に髪形を大きめに盛った時には低いヒールを履くとバランスが悪くなってしまいます。

バランスが悪くならないようにトータルのコーディネートをよく見る必要があります。
ヒールを低くすることでアンバランスにならないように気をつけましょう。

低いヒールを履いていても見えないドレスといえばロングドレスですが
裾を引きずるくらいの長さになると高いヒールを合わせないとバランスが悪くなることがあります。
身長の高い方ならあまり気にしなくても大丈夫ですが、身長が低めの方は格好悪くならないように気を付けてください。

引きずらないくらいの丈の長さだとちょうどいいくらいになると思いますよ。
低いヒールでも裾から少し見えるくらいになりますし、裾が引っかかって歩きにくいということもありません。

とはいえ、いくら低いヒールといっても10センチ以上の靴がほとんどですよね。
身長の低い方なら特に低いヒールを履くことに抵抗があると思います。

高いヒールを選ぶ時に、ヒールに高さがあってもソール部分にも高さがあると足への負担が減ります。
全体の高さがアップしますので身長が低い方には向いているデザインです。

足裏に当たる部分にクッション性があったり、親指の付け根の骨に当たる部分が伸びたり柔らかい素材のものを選ぶと
高いヒールでも負担が少なく比較的楽に履いていることができます。

お仕事の為に無理をするのは仕方ないことかもしれませんが
たまには体のことを労わった衣装選びをしてみると良いですよ。