一人暮らしの男性におすすめの衣類別クリーニング対応術

一人暮らしの男性におすすめの衣類別クリーニング対応術

一人暮らしの男性におすすめの衣類別クリーニング方法を紹介しています。「自分で洗濯」「クリーニング店」「宅配クリーニング(保管付き)」を賢く組み合わせて、クリーニング・洗濯の悩みから解放されましょう。

汗臭いスーツをファブリーズで消臭しても、さすがにニオイがごまかせなくなってきた。
かといって毎日の仕事が忙しくて、クリーニング店に行く暇がない。
そんな一人暮らしの男性会社員の悩みを解決してくれるのが、宅配クリーニングです。

衣類別の賢い洗濯スタイル

スーツ

スーツってクリーニングの出す頻度って分かりにくいですよね。
紳士服メーカーによると、スーツをクリーニングに出す適切な頻度は下記になります。

 

洋服の青山
1シーズンに1~2回が理想
P.S.F.A
夏場は2週間に1回程度、冬場は1シーズンに1回程度

 

スーツは洗う回数が増えれば増えるほど、

  • 生地の風合いを損なう
  • 生地を痛める
  • 糸切れしやすくなる

など、スーツの劣化を早める原因となります。
スーツは高額品でもあるので、できるだけ長持ちさせたいですよね。
となると、頻繁にクリーニングするのはやめた方がいいかもしれません。

 

でも、仕事が空調の効いたオフィス内で働く人だといいですが、外回りの営業など外出する機会が多い方だと
「1シーズンに1~2回」
だと少ないですよね。
夏場は汗だくになるし、外食した際に食べこぼしなどで汚れることもあります。
さすがに毎日ファブリーズしても、ニオイを抑えきれなくなってきますからね。
通勤時の満員電車で隣の人に嫌な顔をされるのもツライし、何より会社の女性陣に「クサイ」と思われるのは絶対に避けたいです。
となると、夏場は2週間~1ヶ月に1回くらいはクリーニングに出して、清潔性を保ちたいところです。

 

ただ、クリーニング店の営業時間って、

  • 開店:9時
  • 閉店:19時~21時

くらいが多いです。
会社近くのクリーニング店に行こうと思っても、9時開店だと始業前に間に合いません。
会社帰りに洗濯物を出して、翌日の会社帰りに引き取りにいくのが一番現実的です。
ただ、会社近くまでスーツなどの衣類をまとめて持っていくのは、荷物になるのでまあまあ面倒くさいです。
家の近所だとクリーニン店の営業時間に間に合わないし、一人暮らしの会社員にとってクリーニング店は利用しやすいとは言えません。
そんな面倒を解決してくれるのが、宅配クリーニングの存在です。

 

宅配クリーニング活用方法

宅配クリーニングは、スマホで依頼が完了します。
手続きは簡単です。
(例:リネット)
1,預け日と受け取る日を決める
2,梱包用のダンボールが必要な場合はサイズを選ぶ
たったのこれだけです。
*初回だけ会員登録のために「氏名・住所・TEL・クレカ情報」などの入力が必要です。
申込みが完了すると、指定日時に送付用のダンボールが自宅に届きます。
ここで注意が必要なのは、リネットの場合はその場ですぐに箱詰めして、持ってきた配送業者に荷物を預けることになります。
そのため配送日時の前に、クリーニングに出す衣類をまとめておく必要があります。
<IMG=配送前の衣類>
ちょっと慌ただしいと思うかもしれませんが、改めて発送手続きをするよりもこの1回で済むので助かります。
それに箱に詰めるだけなので、衣類を準備さえしておけば30秒も掛からずに梱包して発送できます。
その場ですぐに発送が無理ならば、コンビニ持ち込み(2回目以降)も可能なので24時間いつでも発送可能です。

 

発送した衣類がクリーニング工場に届くと検品されて、クリーニング品目と料金が確定します。
料金は事前に料金表か料金シミュレーターで確認することができます。
発送から到着までの工程は、リネットの管理画面上から確認可能です。
<IMG>
クリーニングが完了すれば、指定日時に返送されるので、自宅で待って受け取るだけです。
マンションに宅配BOXがあれば、24時間いつでも好きな時間に受け取れます。
また「東京・神奈川・千葉」の一部の地域のプレミアム会員のみ、朝イチ便(6時~)・夜イチ便(~24時まで)を利用することができます。
他にも配送先を勤務先に設定することもできるので、どうしても自宅で受け取りができない場合は、会社で受け取るという選択肢もあります。

 

保管方法

スーツは日頃からブラッシングや風通しがよく直射日光が当たらない場所に保管することが、品質を長持ちさせる秘訣です。
また、スーツを着数を3~4着に増やすことで、2日~3日休ませて着回すローテンションがおすすめです。
P.S.F.Aでは春夏と秋冬でそれぞれ5着ずつとして、合計10着ほど持つことを理想としていますが、それは高過ぎる理想です。
現実的にはなんとか3着は用意して、中2日のローテーションで着回していけば、土日休日も含めると週に1回~2回の利用頻度が保てます。

【保管付きサービス】

スーツは春夏と秋冬の2タイプを交互に使うので、使わないシーズンは保管付き宅配クリーニングを利用するのも賢い方法です。
保管付きサービスでは「8ヶ月~12ヶ月(業者によって異なる)」の期間、クリーニング業者で衣類を保管してもらえます。
4月に冬物スーツをクリーニングに出せば、次に使う11月~12月頃まで預かってから返却してくれます。
コートを使わない「春~秋」のあいだはクローゼットがスッキリするので、保管場所の少ない賃貸住宅の方が重宝するサービスです。
夏場に着もしない冬物スーツやコートって、クローゼットの中で邪魔なだけですからね。
業者に預かってもらえれば、クローゼットのなかもスッキリして衣類を大切に保管しやすくなります。
>>保管付きサービスについての詳細はコチラから

ワイシャツ

ワイシャツは自宅で洗えるものを選びましょう。
最近の形状記憶ワイシャツは、安価えおしゃれなデザインのものが多数あります。
イオンなどの量販店やアマゾンなどのネット通販などで簡単に購入できます。

 

ただ、どうしても洗濯するのが嫌な人は、クリーニン店に出すことになります。
ワイシャツは5枚~6枚ほど用意しておけば、1週間の溜まった分を土曜日に出して、当日か日曜日の受け取りで次の1週間に備えられます。
宅配クリーニングを利用することもできますが、価格的には店舗のほうが安いケースが多いです。
価格は気にならないので店舗に行くのが面倒という方は、宅配クリーニングを利用しましょう。

 

何度も言いますが、ワイシャツは自宅で洗うのが一番お手軽でお得です。

 

コート

コートは春先の3月~4月にクリーニング店に出して、洗濯することが多いと思います。
ただ、最近は宅配クリーニングを利用する人が増えています。
というのも、このサービスを提供している宅配クリーニングが増えたからです。
【保管付きサービス】
保管付きクリーニングでは、8ヶ月~12ヶ月ほど衣類を保管してくれます。
4月にコートをクリーニングに出せば、次に使う11月~12月頃まで預かって返却してくれます。
コートを使わない「春~秋」のあいだはクローゼットがスッキリするということです。
コートや冬物スーツって、

 

ダウン

ダウンもコートや冬物スーツなどと同じで、宅配クリーニングの保管サービスを利用するのがおすすめです。
ダウンジャケットは圧縮袋を使用すると羽根を痛めてしまったり生地にシワがよるためにおすすめできません。
長期保存の際は、通気性の良い不織布の洋服カバーをかけて、他の洋服と間隔を空けて吊り下げる保管方法が適しています。
ただ、スペースをとるために自宅のクリーゼットでは、保管しにくい衣類といえます。
そのため保管サービス付き宅配クリーニングの利用は、ダウンジャケットを長く使うためにもおすすめの方法です。

 

布団

一人暮らしの場合は、オールシーズン使えるタイプの布団を使っていて、年中敷きっぱなしという方も多いかと思います。
数ヶ月に1回くらいベランダで日干しする程度で、特に問題はないと思われているかもしれません。
でも、結論からいうと、その布団は
「ダニだらけ」
です。

 

【ダニ捕りが必要な理由】

布団をベランダに干して日光を当てるだけでは、ダニ退治はできません。
また布団乾燥機も布団をすっぽりと包み込むように設置できればダニ退治は可能ですが、現在の市販されている布団乾燥機では難しいです。

 

>>ダニ捕りが必要な理由とダニ退治の方法はこちら
上記のページで詳しく説明していますが、布団や毛布のダニ退治は
・クリーニング店で洗濯&乾燥
・コインランドリーで洗濯&乾燥
のどちらかでないと効果が期待できません。

(引用)
ダニは『50℃の熱で20~30分、60℃の熱で一瞬で死滅』します。死滅させた後、掃除機がけをすることで、効率的にダニ対策をすることが可能です。
NHKためしてガッテンより

 

クリーニング店やコインランドリーの大型乾燥機のほとんどは、温度が55度以上になって乾燥します。